農業でも活躍するドローン

ドローンに関する最新情報を紹介していきます。

農薬散布を外注する

ドローンを利用することでリーズナブルに農薬散布が出来ますので、全国の農家がドローンに注目しています。航空法をクリアすることで自分でドローンの農薬散布が可能となりますが、ドローンの操縦に自信の無い方もいることでしょう。そういった方におすすめしたいのがドローンの農薬散布サービスです。これはドローンによる農薬散布を請け負っており、プロのドローンパイロットが操縦しますので的確な農薬散布が出来ます。そのため、ドローンの操縦に自信の無い方はこういった農薬散布サービスがおすすめです。

ドローンによる農薬散布はコストカットだけではありません。ドローンは小回りが利きますので、1分間で8アール~10アールの散布が可能です。そのため、スピーディーに農薬散布を済ませることが出来ます。また、農薬散布は手作業でも可能ですが農薬が人体に触れる可能性もあるのです。しかし、ドローンであれば人体に農薬が触れることがありませんので安心出来ます。

ドローンによる農薬散布は始まったばかりですので、外注に依頼した場合でもこれから価格が下がることも予想出来ます。そのため、これからの農業はドローンを利用した効率的な栽培が可能となるでしょう。