農業でも活躍するドローン

ドローンに関する最新情報を紹介していきます。

航空法を知っておく

ドローンはドローンレースや空撮などの楽しみ方がありますが、ドローンは農薬散布で利用することも出来ます。これまでの無人ヘリコプターと比較して圧倒的にリーズナブルですので、ドローンの導入を考える農家が増加しているのです。しかし、ドローンを購入したら誰もが農薬散布が出来るわけではありません。航空法をクリアする必要があるのです。

日本には航空法があり、ドローンの農薬散布も航空法の範囲です。具体的に農薬散布は「危険物の輸送」、「物の投下」に該当しており、申請をしなければなりません。そして、この申請をするには10時間以上のドローン飛行実績が必要です。ドローンは免許の必要がありませんが、この飛行実績が欠かせません。そのため、ドローンビギナーでしたらドローンスクールに通って飛行実績を作りましょう。

そして、農薬散布をするのであれば散布用のタンクを積む必要がありますが、総重量を考えてドローンを飛ばしましょう。総重量によってドローンの飛行は大きく変化しますので、いくら操縦実績があったとしても十分注意してください。ドローンスクールでは農薬散布用のコースを設けていますので、そういったコースを利用しましょう。これによって安全な農薬散布が出来ます。