農業でも活躍するドローン

ドローンに関する最新情報を紹介していきます。

ドローンで農薬散布

ドローンを利用した空撮が人気となっており、家電量販店や通販サイトなどでドローンが販売されています。さらに、ドローン専門店も数多くオープンしており誰もが手軽にドローンが始められるようになりました。中でもトイドローンはリーズナブルかつ手軽に始められるので、トイドローンを楽しむ方は多いことでしょう。さらに、ドローンのテクニックを身に着けた方であればドローンレースに参加することもあります。ドローンレースは世界中で開催されており、日本国内でもドローンレースが行われているほど人気です。

ドローンはホビーというイメージがありますが、それだけではありません。ドローンは私たちの生活を支える存在でもあるのです。代表的な場面は農業でしょう。農業では農薬を散布するものですが、かつては無人ヘリコプターを飛ばして農薬を散布していました。しかし、こういった無人ヘリコプターの機体は500万円以上かかりますので、個人で購入することは難しかったのです。そのため、外注することもありますが、それでも高額なコストがかかってしまいます。場合によっては農薬散布だけで年間100万円以上かかることもあったのです。

しかし、ドローンによる農薬散布であれば100万円~300万円で購入が出来ます。農薬散布は年に何度も行いますので、これは大きなコストカットになるのです。こちらにはドローンによる農薬散布の情報を集めました。農家の方でしたら見逃せない情報でしょう。

◆ 管理人推奨リンク ◆
ホビーとして楽しむだけではなく、農業をはじめとした業務用でドローンを使いたいと考えている人も多いでしょう。すぐに実用したいと考えている方は、ドローンの学校に行って操縦方法を身に着ける方法があります ⇒ ドローンの学校